「人生の羅針盤」1期生 10回講座 最終講。

神奈川県から毎回khloeのアトリエまで来られました
共有させて頂いた空間は自分自身が試される場になり、充実した時間❗️

自分らし人生を歩む根を張り、一本の大きな「樹」になっていってください‼️

フィードバック頂いてます(^^)

『遅くなりましたが講座を受けての自分の変化と感想です

私が堺さんの講座を受けはじめた時は、12年勤めた会社を辞めて、転職先でうまく馴染めずに、4ヶ月で退職をしてしまい、無職になった時でした。

その時の私はこれからの人生をどの様に生きていきたいのかわからずに、漠然とした将来への不安と挫折感により、何もやる気が起きない心持ちでした。

そんな私が自分が幸せになるために、大事にしたい価値観、大事にしてきた価値観に立ち返るまでの時間をこの講座を通じて過ごしてきたと思います。

ここでの価値観とは物事を判断する際に基準となる指標と言う意味です。または、私の人生の方向性と言っても良いかもしれません。

私が幸福を感じる時の価値観は例えば年収がいくら以上である、とか、たくさんの人に尊敬される人でありたいといった価値観ではない事に気がつきました。また、何が得意で、何が苦手なのか。何に喜びを感じて、何にストレスを感じるのか、これらの事を改めて再認識する事が出来ました。

前職でうまくいかなかった時の私は、他人の価値観を気にしてしまっており、こう見られているのではないか?もっとこうあるべきである、と考えてしまい、自分で自分を追い込んで、息苦しく感じていた部分があったのだと思います。でも、なぜ息苦しく感じるのか理解できると、対応策を考え、実行する事が出来るので、講座を受けてからは生きていく事が楽になったと思います。

私は自己主張をする事が苦手です。でも、自己主張をすべきタイミングでは、ほんの少しだけでも自分の価値観を周りに伝えてあげた方が、周りの人間が動きやすくなる事が分かりました。

私は講座を受けて、自分の本質は何一つ変わっていないのに、そこから導かれる考え方や行動にはとても変化が起こったと感じています。例えるなら同じ水源から溢れ出た水が太平洋に流れ込むのか、日本海に流れ込むのかといった違いです。

私は今、「生きる」という事の主導権を誰かに奪われない様に意識して生活しています。
それは、方向性を決める時は心で決める。やり方を決める時は頭で決める事だと思っています。

これをやったら自分に得があるから、やる。これをやったら自分が損をする、得にならないからやらないと言った価値観で行動を決めるのではなく、結果どうなるかという予測は置いて、やりたいか、やりたくないかで決める。そうやって、受け取り方を変える事で、行動する事への自分のハードルを下げて、少しずつ変わっていく事。

そんな、自分らしく生きるための価値観を見つけるため、そしてその価値観を元に周りの人たちとどの様なコミュニケーションを取っていくかを教えていただいた講座だったと思います』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする